Linkin Parkのチェスター氏が死去

世界的に有名なロックバンド「LINKIN PARK」のヴォーカルであるチェスター・ベニントン氏が死亡したという発表がありました。

最初は誤報ではないか、むしろそうであってほしいと願いましたが、マイク・シノダ氏のツイッターにて事実であることが認められました。

 

 

LINKIN PARKを始めとし、チェスター氏は様々な映画やゲームなどにおいて、その歌声で聴く人を魅了していました。

何度も来日し、ライブやミュージックステーションへの出演。

2011年の東北の大震災では「一緒に」という曲を発表し、チャリティーに貢献した方でもありました。

 

 

私が初めて聴いた曲は「In The End」でした。この曲を聴き、私は洋楽への世界へ足を踏み入れました。

チェスターをはじめLINKIN PARKがいたから、私はサマーソニックに行き、「SAW」の最終作を何倍も楽しみ、タワレコにも幾度となく足を運びました。

私に音楽を好きになるきっかけを与えてくれた第一人者のような人でした。

悲しい限りですが、この重い事実を潔く受け止め、これからもLINKIN PARKのファンの一人でありたいと思います。

 

 

そして最後にKillswitch Engageのジェシー・リーチ氏のコメントを一部拝借し、締めさせていただきます。

 

チェスターの訃報を受け、「リンキンは落ち目だった」「最近のリンキンの音楽性はキライだった」と、音楽性の批評をするコメントをネットのあちこちで目にしました。

もしLINKIN PARKを知っている方がいれば、静かに見届けてあげて下さい。

音楽性が変わろうがLINKIN PARKはLINKIN PARKであり、チェスター・ベニントンはチェスターベニントンであることに変わりはないのです。

 

今、彼に必要なのは音楽性の批評ではなく、追悼なのです。

 

偉大なるチェスター・ベニントン氏へ、しがない異国のファンの私ですが追悼の念を。本当に有難う。

 

 


[頂点決戦]一方通行の特効カードがラッシュしております

 

 

 

 

「おい!こいつは一体何だ!?」

 

「このソシャゲは支配している!オレの財布の紐を...!」

 

「このカードは財布に悪影響を及ぼす!即刻中止だ!」

 

「ハッ!(重課金)」

 

「くっだらねぇ(無課金主義)」

 

「すぐに中止しろ!」

 

 

 

運営「よォ、ゴキブリ共」

 

「カードは気に入ってくれたか?俺が特別に選んでやったんだ」

 

「これぞ"頂点決戦"発。一方通行特効2連チャンだ」

 

なんだかんだで最近彼の特効が多いと思います。

嬉しい半面こういうことされると、財布が苦しくなるのでやめていただきた、いやドンドンやっていただきたいですね。

 

無課金宣言をしていた私も、特効というか、限定カード登場のお陰で遂に課金者への道を歩み始めました。

 

 

 

評価:
---
トランスフォーマー
¥ 3,091
(2016-03-04)


美少女化「ジェイソン・ボーヒーズ」フィギュア再販予約開始中です

@壽屋

 

3年ほど前に発売され、すぐに品切れ状態となった「13日の金曜日」シリーズ名物キャラクター「ジェイソン・ボーヒーズ」の美少女化フィギュアが再販予約を開始されております。

7月末の発売を予約するものですが、値段が倍以上に跳ね上がっている既存の出品物などとは異なり、定価での新品販売です。さあ、ポチったポチった。

 

ちなみに「HORROR美少女シリーズ」と題し、フレディ・クルーガーやチャッキー、ティファニー、シザーハンズなども登場し人気を博しております。

まさか自分がこんな姿になるとは、ホラー映画の風紀委員はどんな気持ちなんでしょうか。

 

Japanizing Beamシリーズ何気に好きです。

 

 


なんと「D.Gray-man HALLOW」DVD&Blu-rayが・・・!

 

発売中止になりました。

 

なんじゃそりゃ。

 

 

延期に次ぐ延期だったため、「延期延期、中止じゃないよね?」と思っていた矢先、コレです。

 

某アニメ雑誌の例のイラストに苦言を呈する星野桂氏。

正直私も"一部の層を狙いすぎだぞ"とうんざり来たイラストです。同人誌の表紙かなんかと思いました。見たけりゃググって下さい。

 

ちなみに、このあとしばらくしてインスタグラムアカウント削除されております。さすがにこの発言はよろしくなかったのか、怒られたのでしょうか。

要するに、こういった事情が重なって、やむなく発売中止に追い込まれた始末でございます。

連載ペースが牛歩であること以外に問題は起きなかったため、こんなどうでもいいことでDVD&Blu-rayが人目にさらされることもなく封印されるのかと思うと、ある意味で感慨深いものがあります。

 

 

 

 

おまけ:

 

ここを拾ってくれた某まとめサイト様に感謝の意を。

ただし「ブチ切れ」はあくまで、星野桂氏のインスタグラム投稿やインタビューなどから推測された俗説のようなものです。

 

 

でも同氏がこの二人が一番気に入ってるってのは事実だったりします。

 

インスタは切実に続けていただきたかった。

「D.Gray-man」に合掌。でも死ぬまではしっかり続きを待ってます。


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
アレリナスライド
カウンター
アクセスカウンター
とけい

パズル アンド アサシン

selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM