「ザ・デッド インディア」予約受付中!



ハワード・J・フォード監督が数年前に制作したゾンビ映画「The Dead」が「ゾンビ大陸アフリカン」という、出オチ感溢れる邦題で日本でリリースされたのは記憶にも新しいと思います。(ゾンビ映画ファンは)

映画自体はアフリカの砂漠を主な舞台としたマジメなゾンビ映画であり、特殊メイクや集団で動くノロノロゾンビなど、昔ながらのゾンビセオリーを突き通した作品でした。その質たるや、まさに王道を征くゾンビ映画。

そんな名作の続編となる「The Dead 2 India」が2013年に公開されましたが、2年間を経て遂に日本でもDVDリリースが決定しました。発売日は2015年8月。さあポチったポチった。

更に! 今回は同日発売で前作「ゾンビ大陸アフリカン」とのセット販売もあります。
抱き合わせかもしれませんが、どちらもゾンビ映画としては、かなりのクオリティを誇るクラシック調ゾンビ映画なので、中身に損はありません。

続編と銘打ってはありますが、ストーリーは1作目とリンクしておらず、オリジナル。
今回は「ゾンビ大陸インディアン」なんて邦題は登場せず、原題まんまです。
タイトルまんまに舞台はインド。前作と代わり映えしない特殊メイクや集団ゾンビの恐怖も必見です。

あ、もちろんパッケージに書かれた「12億」はイメージですので、ご容赦下さい。
これは「ザ・グリード」の「90分で3000人喰いまくり」にも言えることですが。


「縁日堂」へ今すぐ直行だ!20円だぞ!

GW中は友人と車で走り回り、スマブラやってメシくって、と遊び呆けの毎日でした。
アミューズメントもグルグル周りました。ラウンドワンから楽市楽座、アーバンスクエアしまいにはデパート内の子供用ゲームコーナーまで巡る始末。

そんな中、遠出して立ち寄った縁日堂(宮崎県宮崎市)。

®Google Street View
この出オチ感溢れる外観。永谷園もじょしらくも全く関係ありません。
出オチオブザ出オチに呆れそうです。どうせ中身はモグラたたきとかミニボウリングとかキッズ用のゲームで溢れてるんだろ・・・、と嫌な予感で頭をいっぱいにさせながら友人と入店。ちなみにモグラたたきはありました。


入ってすぐさまハウスオブザデッド2・・・。今となってはなかなかレアです。
写真左側にはガンバレットも写っております。こっちの方がレアなのですけどね。

久々のハウスオブザデッドだ!さっそくプレイするのだ。


って・・・。ん?



!?!?!?

そう!型落ちや過去バージョンのゲームがところ狭しと並んだこのゲームセンター。
たくさんのゲームが20円でプレイ可能なのです!コンティニューは10円!通常の5倍、10倍のコストパフォーマンス!

全てにおいて過去バージョンですが太鼓の達人も頭文字Dも音ゲーもガンバレットも、しまいにはUFOキャッチャーまで全てが20円!


そんなこんなで私もハウスオブザデッド2をプレイ。コンティニューしてしまいましたが、何と今だ現役のアーケードゲームがたったの40円でクリア出来てしまいました。BIGチョコよりも安い金額で誰でもクリア出来てしまうのです。


ちなみにこの店のハウス2を真面目にレビューするならば、申し訳ないが評価は低めです。理由として・・・
1・・・画面サイズが小さいうえ、奥行きがあるため、照準が合わせづらい。
2・・・画面が若干暗く、背景(縁日堂店内)が映り込み、画面が非常に見えづらい。
3・・・ライフ3設定。たいていのゲーセンは4で設定されている。

2の参考画像。私と他のお客さんが写っているので画像処理してます。

ですがこの悪条件を吹き飛ばす魅力的なプレイ料金。しまいには両手持ちでプレイする始末でした。

運悪く閉店時間を迎えてしまい、長居は出来ませんでしたが、たったの100円でいろんなゲームで豪遊できてしまいました。また是非とも立ち寄らせていただきます。

えっ、GREEバイオ終わり!?




大ショックでした。そのショックたるや


友達に 「それ男だぞ」 と言われたくらいのレベルに匹敵します。

予想はしていましたが、3年ほどお世話になり、熱中させていただいたGREEの「バイオハザードアウトブレイクサバイブ」が今年度の5月末をもって閉鎖となりました。

そういやBHR(バイオハザードレア)のカードが一時期5000円で投げ売りされてましたが、程無くして閉鎖騒ぎなので、ほんとに課金しなくてよかったと思います。しかもBHR実装後まもなくサービス終了とは・・・。

3年前、自分はレアリティ「SR」を目指して努力する日々でした。「SSR」は高嶺の花であり、イベント上位10人にしか配布されないレベルでした。それがそのうち「SSR+」、「UR」、「LR」、「BHR」が登場。名付けるならばレアリティ・インフレが発生。今やサルでもSSRを手に入れることが可能なレベルです。

なんやかんやで楽しんだGREEバイオに感謝!ラストイベントも楽しませていただきます。
でもせっかくイベント用に溜め込んだアイテムとかチケットが無駄に終わりそうになってます。トホホ


遂に公開!「ムカデ人間3」トレイラー



「ムカデ人間2」から4年。長らくフロップと製作段階でしか情報が出なかった「ムカデ人間」最新作(原題:Human Centipede 3 FINAL SEQUENCE)の予告編が公開されました。

1で日本人のカツローを演じた北村昭博氏が2の公開に先駆け「3は500人らしいですね」の発言をしてから3年。グダグダと製作情報も出ない状態だったため、「いつ公開するんだよ」と落胆気味の矢先の出来事に感極まりない状態です。


ストーリーとしては、見ての通り部隊は刑務所。
繋がる数は前回(最終的な人数)の50倍である500人。
そして「ムカデ人間2」で「ムカデ人間1」が映画であるというメタフィクションが導入されたことをまたも踏襲し、「ムカデ人間2」までも映画であったという設定です。
そして今作「ムカデ人間3」では「映画でした」の設定を導入せず、リアルでいくみたいです。

バカで陽気で陰鬱なHENTAI映画ここに極まり。


今回登場するキャストは有名なエリック・ロバーツを始め、1のハイター博士役のディーター・ラーザー、2のマーティン役のローレンス・R・ハーヴェイなど、「ムカデ人間」ファンには嬉しい配役。


この映画全ての元凶であるHENTAI トム・シックスもトレードマークの帽子を頭に乗せ、本人役で出演。是非とも彼にもつながってほしいですね。

日本公開は現在未定ですが、おそらく大丈夫でしょう。トランスフォーマー様、よろしくお願いします。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2015 >>
sponsored links
アレリナスライド
カウンター
ブログパーツUL5
とけい

パズル アンド アサシン

selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM