【COD:AW】Call Of Duty:Advanced Warfare PERK、ワイルドカード解説

※2014/11/18 追記しました

※記事内のPERK効果は現時点で判明しているものであり、今後大きく修正を加える予定です。



今作のPERKシステムはBO2より登場したPICKシステムを再び採用し、「PICK-13」システムとなる。スコアストリークもポイントに含まれるため、除外して装備にポイントを回すことも可能となった。
またGhostsのようにPERKによってポイントは異ならず、一律で1ポイント設定になっている。

ポイント内訳:
メインウェポン + アタッチメント2つ(ワイルドカードで3つに増加)
サブウェポン + アタッチメント(ワイルドカードで2つに増加)
PERK1、PERK2、PERK3(ワイルドカードで最大6まで増加)
EXOアビリティ、EXOランチャー
スコアストリーク(ワイルドカードで4つに増加)
ワイルドカード(最大3つ)


CODまとめ記事リンク
過去作のPERK詳細やキャラクター、吹き替え版キャストをまとめた記事にジャンプします。


 
PERK Tier1
 
ライトウェイト(身軽)
効果:スプリント(ダッシュ)速度が上昇。
詳細:シリーズに登場する「ライトウェイト」と「マラソン」を足したような効果。
応用方法:
今作ではEXOムーブの概念が在るために、不要にされがちではあるが、室内戦闘やクラシックモードで役立つPERK。
サブマシンガンやショットガンとの相性も良く、「ガンホー」や「ファストハンズ」との併用で更に汎用性も高くなる。クイックドローアタッチメントとの併用もお勧め。
最初から使用できるPERKのため、他のPERKの繋ぎと考えても良い。


ロウプロフィール(日陰者)
効果:UAV、トラッッカー、EXOピン(EXOソナー)に映らなくなる
詳細:シリーズの「ゴースト」「オフザグリッド」に相当。字幕版及び吹き替え版では「LoFi」と表記されている。
応用方法:
UAVやトラッカーを無効化するうえ、最初から装備可能であるため、PERKに困ったらこれを装備すべきである。
主に敵がUAVを乱発する際に使用すべきだが、先手を取る意味で最初から装備してもOK。待ち伏せ以上に、走り回ることで敵への牽制、キルに繋がるため、正々堂々としたプレイが求められる。
「ブラインドアイ」との併用で敵スコアストリークの破壊にも貢献できるため、一つのプレイスタイルとしてお勧め。
注意すべき点として、戦闘力を向上させるPERKではないため、装備武器の特性を活かす場合は他のPERKで賄うことが重要である。

 
 
デンジャークロース(至近爆撃)
効果:敵に与える爆発ダメージ及びスコアストリークによるダメージ増加
詳細:ダメージ倍率は現時点で不明。
応用方法:
今作では爆発物のダメージが全体的に低く設定されているため、爆発物によるキルを狙い場合は問答無用で装備推奨。
ランチャーや爆発系スコアストリークは即死範囲を伸ばすことも可能。チャレンジやスコアストリークによるキルを目的とするためのPERKとも言える。
スコアストリークの攻撃力を増やし、効率良く敵をキルしたい場合は、まずスコアストリークを溜めておき、クラス変更によりこのPERKを用いるのも一つの手。

 
オーバーチャージ(過充電)
効果:
1・・・EXOアビリティのバッテリー量を増加。
2・・・ブーストスラムに敵を怯ませる衝撃派が加わる
詳細:EXOアビリティをいかに上手く使用するかが、このPERKを活かすカギ。2はおまけ程度の効果である。
応用方法:
バッテリー増量により、EXOアビリティの使用時間も増える。
戦闘面で勝率を上げる「スティム」や、隠密行動時に重宝する「クローク」も使用時間が増えるため、「ファストハンズ」との併用で、使用時の隙もカバー可能。

 
フラックジャケット(防爆ベスト)
効果:
1・・・爆破ダメージを軽減
2・・・グレネード投げ返しの際、信管をリセットする。
詳細:炎ダメージの概念を除けばBlack opsと同様の効果。
応用方法:
今作では爆発物があまり使用されないうえ、敵使用PERKもキルカメラで確認できないため、運用が難しくなっている。
グレネードの投げ返し効果は意外にも大きく、投げ返しに失敗してゼロ距離で爆発されても大ダメージは免れる。
今作ではドミネーションの旗確保などに有効。拠点をストリークで狙われる場合に、ダメージを抑えつつ拠点確保に動くことが出来る。
 
PERK Tier2
 
ペリフェラル(周辺機器)
効果:
1・・・ミニマップの範囲を拡大
2・・・敵をキルした際のドクロアイコンを非表示にする。
詳細:ドクロアイコン非表示の効果は前作「Ghosts」のテイクダウンに相当
応用方法:
裏取りなど、隠密行動時に効果を発揮するもの。少人数戦ほど有利。
ミニマップで悟らせないようにサイレンサーを装備するのも悪く無い。その際はパラボラマイク使用者に気を配ることが必要。
戦闘力の向上は臨めないので、他のPERKをアンロックするまでの繋ぎと考えても良い。

 
ブラインドアイ(盲目)
効果:
1・・・敵スコアストリークに非検知になる
2・・・エクスプローシブ・ドローンとトラッキング・ドローンに探知されなくなる。
詳細:UAVにはしっかりと映されるうえ、敵プレイヤー操作型ストリークには探知され、更に味方が近くにいる場合は巻き添えを受ける場合がある。
応用方法:
シリーズを通して登場するブラインドアイと同じ効果。
応用法としては主に二つ。敵が無人兵器を召喚中に拠点確保やキルに動くか、味方の被害を最小限に食い止めるためにも撃墜を行うか、である。
サーチアンドデストロイで多用される「トラッキングドローン」の追尾を無効化するため、カスタムクラスにひとつは用意しておきたいところ。


 
コールドブラッド(冷酷、冷血)
効果:
1・・・エイム時に敵を探知するサーマスルコープ、ターゲットエンハンサー無効化。
2・・・壁の向こうにいる敵を探知する、スレットグレネード無効化。
3・・・リーコンドローンによるマーキングを無効化する。
4・・・敵にエイムされた際、レティクルが赤くならず、名前を非表示にする。
詳細:センサー関連の装備をほぼ無力化するPERK。レティクルの色、自身の名前非表示の効果に関してはエイムアシストという存在があるため過信は禁物。
応用方法:
リーコンドローンやスレットグレネードの敵投影は、ヒットすると敵にとって非常に有利な状況を設けることになってしまうため、対策として存在する唯一のPERK。
もちろん戦闘力は向上させず、敵の油断を誘うPERKのため、カスタムクラスに一つ用意する程度で構わない。
 
ファストハンズ(早業)
効果:
1・・・スプリント(ダッシュ)中のリロードを可能とする。
2・・・EXOアビリティ、EXOランチャーの使用を素早く行える。
3・・・武器切り替えの速度上昇
詳細:シリーズのスライハンドやオン・ザ・ゴーの効果を付属したようなPERK
応用方法:
注目すべきは2、3の効果であり、隙の少ないスピード戦を展開することが出来る。
EXOアビリティ使用時の大きな隙を素早く消すことも出来るので、前線でも安心。
但し中級、上級者向けのPERKであるのが事実である。
スプリントリロードに関しては、ダッシュボタンによるリロードキャンセルが一切出来なくなってしまうため注意。
 
ガンホー(献身的、がむしゃら)
効果:スプリント中、スライディング中の射撃が可能になる。
詳細:ダッシュ中でも銃を傾けず腰だめ射撃状態になる。
応用方法:
デュアル武器からアサルトライフルまで幅広い銃への恩恵が有る。
出合い頭の戦闘で大きな戦力となるので、室内戦が主となるマップで非常に有効。
もちろん腰だめ射撃状態から、素早いADSを前提としたPERKであるため、クイックドローアタッチメントやレーザーサイトとの併用をお勧め。「ライトウェイト」との併用でも構わない。



 
PERK Tier3
 
タフネス(強靭)
効果:被弾時の怯みを軽減する。
詳細:シリーズのフォーカスやタフネスに相当する。
応用方法:
一対一の銃撃戦にて大きな戦力となるPERK。戦闘力の大きな向上を図ることが可能。
被弾時の画面のブレが軽減され、いかなる場合においても発砲時の反動が消えるわけではないので注意されたし。
被弾時の画面のブレが少なくなることにより、銃撃戦にて敵を見失うケースが減るため、装備しておいて損の無いPERK。
とくに一対一の戦闘にて効果を発揮するが、先撃ちがモノを言うゲームなので「クイックドロー・アタッチメント」や「ガンホー」との併用で戦力を上げるべし。
 
スカベンジャー(掃除人、ハゲワシ)
効果:
1・・・多くの弾薬を所持してスポーンする
2・・・敵をキルした際に、弾薬入りのバッグを取得可能になる。
詳細:シリーズのバンドリアとスカベンジャーを効果を足したPERK。EXOランチャーは補給不可。
応用方法:
今作では初期所持弾数に関してはあまり問題無いが、EXOムーブの存在により、一人の敵に対して多くの弾を消費しがちになるため、アサルトライフルやサブマシンガン、ヘビーウェポンを使用する場合にお勧めのPERK。
前作までは弾幕で敵の牽制など、戦法が様々だったが、今作では戦法としてこのPERKを扱うのは難しくなっている。
一撃必殺武器のショットガンやスナイパーライフルに対しては大きな恩恵は無いため、他のPERKで戦闘力の向上を図るべきである。

 
ブラストサプレッサー(爆音封殺)
効果:ジェットパックにて移動した際(EXOムーブ)、ミニマップに映らなくなる。
詳細:通常はジェットパックでジャンプ、スライドジャンプなどの移動を行った際、敵のミニマップに表示されてしまうが、これを無力化。
応用方法:
このゲームの肝となるEXOムーブは敵ミニマップに表示されるため、裏取りや待ち伏せで大きな悪影響を及ぼしてしまうが、このPERKがあればミニマップへの表示を阻止する。
更にEXOムーブ時に発生するジェット音が若干小さくなり、敵に発見されるリスクを減らしている。
索敵力が大きな影響を及ぼすサーチアンドデストロイでは特に有効であり、問答無用で装備推奨である。
素早い裏取りや待ち伏せポイントのへの移動で有効となるため、あえて最前線を避けるのも戦法の一つ。
もとよりEXOムーブが使用できないクラシックモードでは一切意味を成さないので注意。
 
ハードワイヤード(回路接続)
効果:
1・・・システムハック(シリーズのEMP攻撃)を無効化。
2・・・EMPグレネードを無効化。
3・・・ナノスウォームを無効化。
4・・・スクランブラーを無効化。
5・・・スタングレネードに耐性を得る。
詳細:主にHUDへの悪影響を及ぼす攻撃を無効化。展開したスコアストリークは破壊される。
応用方法:
中でも効果が大きいのは1のシステムハックに関するものである。
システムハックを受けた場合には、リブートまでの時間でジェットパックがバチバチと音を立てて目立つ上、大きなドクロアイコンが画面の中央に表示され、戦闘面にて非常に大きなハンデとなる。
どのようなゲームモードでも多用されるシステムハックに耐性を持つ唯一のPERKである。
もちろんHUD障害への耐性を持つだけであり、戦闘力は向上しないため、敵が一切システムハックを使用しない場合は、さっさと他のクラスに変えてしまうべきである。

 
ハードライン(強硬路線、綱渡り)
効果:スコアストリークに必要なスコアを100減少する。
詳細:今作はBO2同様にストリークはスコア制。ストリーク最低取得ポイント(エアリアルリーコンドローン)は350に設定されているため、250ポイントで取得可能になる。
応用方法:
今作ではEXOムーブの概念により、素早い戦闘が展開される試合が多いため、スコアストリークの召喚難易度が非常に高い。
100ポイントの減少による効果は大きく、有るのと無いのとでは雲泥の差。
ところが装備可能レベルが47と遅いため、プレステージ報酬でアンロックすることをお勧めする。
もちろんスコアストリークの召喚を目的としない場合には全くの不要である。

 
ワイルドカード
Black Ops2同様、PERKのような身体効果ではなく、戦闘を有利にするためのPERK枠やアタッチメント数、ストリーク数を増加させる効果を持つ。

 
オーバーキル(過剰殺傷)
効果:メインウェポンを2つ所持可能になる。
詳細:サブウェポン枠がメインウェポン枠に置き換わる。
応用方法:
応用したければ、スナイパーライフル&サブマシンガンやショットガン&アサルトライフルなど、
互いの弱点をカバーし合える武器を装備すればプレイスタイルは基本的に自由。
ファストハンズ」を装備すれば持ち替え速度の遅さをカバー出来るので、是非とも推奨。
 



プライマリ・ガンファイター(メインウェポン名手)
効果:メインウェポンにアタッチメントを3つ装着可能になる。
詳細:メインウェポンは基本的にアタッチメント2つで構成される。
応用方法:
主にアサルトライフルやサブマシンガン、ヘビーウェポンが恩恵を受ける。
エリートウェポンには特に有効。マイナスパラメーターを返上するアタッチメントを装備することで、武器のポテンシャルを最大限まで引き出すことが出来るようになる。
使用例:
「ストック」+「グリップ」+「クイックドロー」
「レッドドット」+「レーザーサイト」+「クイックドロー」
「レーザーサイト」+「拡張マガジン」+「クイックドロー」
「ストック」+「サプレッサー」+「パラボラマイク」

 
セカンダリ・ガンファイター(サブウェポン名手)
効果:サブウェポンにアタッチメントを2つ装着可能になる。
詳細:サブウェポンは基本的にアタッチメント1つで事足りるため、不要とされがちなワイルドカードである。
応用方法:
オーバーキル」使用時に有効。その際、第二のプライマリウェポンにアタッチメントを2つ装着可能。
ハンドガン装備の際は、あまり必要のないPERKだが、ハンドガンにアタッチメントを装備するならば、「レーザーサイト」+「拡張マガジン」などが有効。

 
PERKグリード(強欲)
効果:通常3枠のPERK枠を最小4枠、最大6枠まで拡張する。
詳細:BO2同様、PERK1グリード、PERK2グリード、PERK3グリードが存在し、例としてPERK1を3つ装備は出来ない。
PERK1グリードの例:
ライトウェイト」+「ロウプロフィール」 ・・・ 敵UAV使用時に隙を突き、キルを重ねる。
PERK2グリードの例:
ブラインドアイ」+「コールドブラッド」 ・・・ 敵航空機による攻撃、マーキングを全て無効化。ドミネーションで有効。
ファストハンド」+「ガンホー」 ・・・ 素早さ重視で戦闘力向上。出合い頭の戦闘や、EXOランチャーによる敵牽制に有効。
PERK3グリードの例:
タフネス」 + 「ブラストサプレッサー」 ・・・ サーチアンドデストロイの他、広大なマップでの裏取りに有効。更に一対一の戦闘で勝ちやすくなる。
タフネス」 + 「ハードライン」 ・・・ タフネスで戦闘力の向上。それどころかストリークの召喚難易度も緩和される。



タクティシャン(戦術家)
効果:EXOランチャー(リーサル枠)を犠牲にし、EXOアビリティを2つ所持可能になる。
詳細:こちらを装備することにより、光学迷彩やライオットシールドを同時装備可能になり、PERK「オーバーチャージ」との併用で更に強力になる。
応用方法:
EXOアビリティに頼ることを目的としたPERKのため、「オーバーチャージ」はなるべく必須。
ゲームモードに合わせてカスタマイズすると、一石二鳥の効果が期待できる。
使用例:
「ミュートデバイス」 + 「クローク」 ・・・ 非常時やサーチアンドデストロイ、少人数制で有効。同時使用でプレデターの出来上がりである。
「シールド」 + 「ホバー」 ・・・ 敵を釘付けにするが、いわばネタのようなカスタム。
「オーバークロック」 + 「スティム」 ・・・ 戦闘力の大きな向上に繋がるカスタム。ドミネーションなどでの利便性が高い。
「スティム」 + 「トロフィーシステム」 ・・・ ドミネーションの旗確保や防衛で有効。

 
ボンバルディア(爆撃手、ボマー、砲兵)
効果:EXOアビリティを犠牲にし、EXOランチャーを2種類所持可能になる。
詳細:今作ではリーサル枠、タクティカル装備枠共に「EXOランチャー」枠として統一されるため、グレネードやフラッシュバンを同時装備したい場合に必要になるワイルドカードである。日本語版は「ボンバーディア」表記。
応用方法:
「トラッキングドローン」 + 「エクスプローシブドローン」 ・・・ 最前線に行かずとも、リスポーン地点から使用するだけで、索敵と攻撃を同時に行ってくれる利便性の高いカスタム。
「トラッキングドローン」 + 「スレットグレネード」 ・・・ 主に索敵に要点を置いたカスタム。
「スタン」 + 「EMP」 ・・・ 敵HUDに障害を発生させ、敵の戦闘力を短時間だが落とすことが出来る。
 
ストリーカー(連続記録者)
効果:通常3枠のスコアストリークを4枠に拡張する。
詳細:今作ではPICKシステムにストリークもポイントとして加わっているため、4枠使用するにはワイルドカードポイントとで2ポイントが必要。PERKグリード等と同じである。
応用方法:
高スコアストリークを出すための繋ぎとして、3つの低スコアストリークを組み込む
ことをお勧めする。
ハードライン」を装備して低スコアストリークをガンガン回すのも非常に有効。敵の高スコアストリーク召喚を阻止する。
使用例:
「リーコンドローン」+時間延長 → 「UAV」+追加アシストポイント → 「システムハック」+アシストポイント+時間延長 → 「ボミングラン」




 

[COD:AW]Call Of Duty Advanced Warfare キャラクター、吹き替えキャスト紹介



※2014/11/10 追記

CODまとめ記事リンク
過去作のPERK詳細やキャラクター、吹き替えキャストをまとめた記事にジャンプします。

ストーリー:
時は2054年。台頭するテロリストグループ「KVA」との戦闘に参加し、都市修復に携わった世界最大の民間軍事会社「アトラス」は、世界中の人々から絶大な信頼を得ていた。
元合衆国海兵隊兵士のジャック・ミッチェルは「アトラス」に所属し、「KVA」との戦いに身を投じることになる。しかしその裏には大きな陰謀が隠されていた。


ジャック・ミッチェル:高橋広樹

「人々は彼らに責務を追わせ、結果として力を与えた」
元アメリカ合衆国海兵隊所属の兵士。ソウルでの戦闘中に左腕を失い、退役。
退役後、世界最大規模を誇るPMC「アトラス」に所属することとなる。
海外版、字幕版では俳優のトロイ・ベイカー氏が声を担当。


ジョナサン・アイアンズ:大塚芳忠

「私には力がある。つまり私が正義だ」
世界最大の民間軍事会社「アトラス」創立者でありCEO。
海外版、字幕版では俳優のケビン・スペイシー氏が声を担当。


イロナ:浅川悠

「アトラス」所属の女性兵士。元スペツナズのスナイパー。通称「ブラヴォー」。


ギデオン:小西克幸

「あれが間違いならタダじゃおかねぇぞ」
「アトラス」所属兵士。南アフリカ出身。ミッチェルのチームメイト。
海外版、字幕版では俳優のギデオン・エメリー氏が声を担当。同氏はCOD4にてSAS隊員 マックの声優を務めていた。


コーマック

「まさか俺を忘れたわけじゃないよな?」
合衆国海兵隊兵士。海兵隊時代のミッチェルのチームメイトだった。
海外版、字幕版では俳優のラッセル・リチャードソン氏が声を担当する。


ノックス

「センチネル・タスクフォース」所属兵士。


ジョーカー

「どうしますか、ボス?」
「アトラス」所属兵士。ミッチェルのチームメイト。
字幕版及び海外版では俳優のジェレミー・ケント・ジャクソン氏が声を担当。


ウィリアム・ロバート・アイアンズ

「気にするな。あの世で会おうぜ」
「アトラス」CEOであるジョナサン・アイアンズの息子。通称「ウィル」。
アメリカ合衆国海兵隊所属の兵士。ミッチェルのチームメイトである。


マクドネル

「議会の認証なしの戦争行為は許されないぞ」
合衆国政府高官。通称「キングピン」。後に「センチネル・タスクフォース」を立ち上げた。
海外版、字幕版では俳優のマット・リーディー氏が声を担当。


サミュエル・アビドヨ

ナイジェリアの首相。KVAの襲撃を受け、人質にされてしまう。


アジャーニ

ナイジェリア軍兵士。首相救出任務にて、アトラスのチームと行動を共にする。


ジョセフ・チヘイゼ

「奴は、アイアンズは・・・、知っている」
通称「ハデス」。テロリストグループ「KVA」を率いる男。
全世界での原子力発電所にてテロ攻撃を目論んでいる。
上記の台詞、容姿からMWシリーズのソープ・マクタビッシュを意識したようなキャラクター。
海外版及び字幕版では俳優のシェリフ・イブラヒム氏が声を担当する。



以下、配役不明吹き替えキャスト(敬称略)
岡林史泰、白熊寛嗣、鈴村健一、関俊彦、中村秀利、間宮康弘、
竹内良太、武田華、中根久美子、新田英人、野坂尚也、林和良、藤井啓輔、
前田弘喜、松本忍、村上裕哉、山中真尋、優希、赤城進、石上裕一、
江川大輔、遠藤大輔、岡田幸子、かぬか光明、菊池正美、木島隆一、
佐々木義人、佐藤美由紀、新垣樽助、杉崎亮、高橋英則


引用:スクエアエニックス・エクストリームエッジ

[D.Gray-man復活か?]星野桂氏お元気記事



この「D.Gray-man」カテゴリ使うのいつぶりでしょうか。

とあるSNSサイトに漫画家 星野桂氏のアカウントが存在し、本人そのもののイラストが投稿されているのが話題になり、「D.Gray-man復活か」だなんて騒がれ、いや、盛り上がっております。字面ではお元気に見えるので、是非とも復活に向けて頑張って欲しいです。


イラスト:D.Gray-man@星野桂


記念すべき第一話掲載回。


ん?10周年ってことは、自分も初読から10の年齢を重ね・・・。

私の年齢と、キャラクターの顔が変わりすぎているというコメントはさておき、この作品、なんと今年の春で10周年を迎えております。

10周年なのに誌面で何の企画も無かったことに若干の腹立たしさを覚えますが、もう1年半休載してるからしょうがないのでしょうか。ガッデム集英社。
この数年でアニメイトなどのお店から「D.Gray-man」コーナーをはじめ、グッズまでもが消滅したのは悲しい思い出です。

ともあれ復活してくれれば、下火だった人気も爆発的とはいかないでしょうが、またも再燃する時が来るのではないでしょうか。私はシェンムー3発売日と共にその日をこれからも待ち続けます。



暗殺教室実写速報

韓国女性グループ、KARAの元メンバーで女優の知英(ジヨン、20)が来年3月21日公開の映画「暗殺教室」(羽住英一郎監督)で銀幕デビューすることが21日、分かった。原作漫画の女性キャラで人気ナンバーワンの“ビッチ先生”ことイリーナ・イェラビッチ役で、セクシー金髪美女に大変身。連ドラ出演、モデル活動など日本で引っ張りだこだ。





あっ・・・。

















































































































































































calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< November 2014 >>
sponsored links
アレリナスライド
カウンター
ブログパーツUL5
とけい

パズル アンド アサシン

selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM